サテライトオフィス開設
企業メリット


 
①コストの削減
 
都市部と比べてオフィスの賃料等が安く、また空き家を利用するためオフィス兼居住スペースとしても活用でき、居住家賃や通勤交通費といったコストまで削減可能です。サテライトオフイスを活用しオフィスを郊外に分散させることで、大幅なコストの削減に繋がります。


 
②理想的なワーク&ライフバランス

 

慌ただしく時間に追われる日々。車の排気ガスや騒音。ドライな人間関係。都会の生活に疲れを感じる人も多いのではないでしょうか。鯖江のオフィス環境は豊かな自然の中にあり、ゆったりとした環境で集中して働くことができます。通勤時間短縮で肉体的な負担は軽減し心にゆとりを持って仕事がスタートでき、生産性の向上が期待できます。季節ごとの美味しい食材や、爽やかな空気、地元の人々とのふれ合いなど、都会ではなかなか味わえない魅力が鯖江にはあります。仕事の休憩中に自然にふれフレッシュしたり、仕事帰りには温泉へ…鯖江で理想的なワーク&ライフバランスが実現できることでしょう。環境をうまく生かすことで福利厚生にもなるのではないでしょうか。

 

 


 
③手軽に事業創造「地方創生コラボによる自社製品の強化」の場に

 

地方に事業展開する場合、マーケティングから始まり営業所や支店開設など様々な費用や手間が必要となりますが、サテライトオフィスをご利用いただくことで手軽に地方展開の礎が築けます。サテライトオフィスで継続的なデスクワークをしながら、合理的かつ効率的な地方都市でのビジネスリサーチならびにビジネスネットワークの構築ができます。鯖江は国内随一の眼鏡の産地であり、難加工材を自在に加工できる技術が集積し、医療機器や精密機器などの他業界での活用も始まっています。伝統産業の越前漆器は、技術を応用したインテリア雑貨・アクセサリーの開発など新たな分野への挑戦を続けています。実際に鯖江を体験することで、地域地場産業とのコラボレーションや事業化に向けた検討を行うことが出来ます。地元企業やサテライトオフィスを開設している異業種との交流もでき、新たなビジネスチャンスが広がります。


 
④リスク分散

 

地震や台風、テロなどの災害発生時、都市部での一極集中型の経営体制では、大きなダメージを受けることになります。首都圏等から離れた福井県鯖江市は、リスク分散先として最適です。第2のオフィスを郊外や地方に構えることは、経営機能の継続性を保証することにつながります。


 
⑤人材採用の選択肢が増える

 

IターンやUターンの増加により、人材確保の競争が激しい都心部よりも地方に埋もれている優秀な人材を確保しやすいというメリットがあります。サテライトオフィスがあることにより、地元や地方での就職を希望している人材も呼び込め、人材確保の選択肢が広がります。何よりも、転職や就職を考える基準に“働き方”を重視する傾向が増えている今、社員のライフスタイルを充実させる取り組みをしているという姿勢が、企業のイメージアップに繋がります。


 
⑥しあわせを体感できる?

 

2014年度の調べで国民の幸福度総合評価No.1に輝いた福井県。住み易さと豊かな自然が、高い幸福度の秘訣となっているのでしょう。都会暮らしに疲れた心を癒し、豊かで幸せな気分にしてくれる福井県。福井県鯖江市は、近隣の海、山、温泉、伝統工芸体験や、歴史散策、恐竜探検など日帰りで楽しめる場所が満載で充実したプライベートライフも楽しめます。


 
⑦子育てに最適な環境
 
子どもたちは、鯖江の豊かな自然の中で都会では味わうことのできない体験が沢山できます。都会のような「便利な生活」ではないかもしれませんが、「自然に囲まれた生活」には伸び伸びとした豊かさがあります。職住接近により、子どもと経験を共有する時間が増え、親子のきずなも深まります。また、ご近所同士など地方ならではのコミュニティも子育ての味方になってくれるでしょう。